米国国防総省にCollabWorxが
セキュアソリューションを提供

Connections with the US Army and the FBI 米国国防総省にCollabWorxがセキュアソリューションを提供 「カリフォルニア州マウンテンビュー(ビジネスワイア)2005年11月29日 ラーニング/ビジネスパフォーマンステクノロジーの大手プロバイダSumTotal(TM) Systems (NASDAQ:SUMT)と最先端コラボレーションソリューション開発会社CollabWorxは、米国国防総省隊員に、ミッション遂行に重要な訓練に使用する、セキュアな開発プログラムを提供するため、戦略的パートナーシップを結ぶことを発表した。」 「CollabWorxによると、2005年8月1日、米国陸軍NETCOM(米国陸軍ネットワークエンタープライズテクノロジーコマンド)は、CoN認証をCollabWorx SRTC suite 3.0に発行した。また同日にNETCOMとアメリカ陸軍訓練教義コマンド(TRADOC)は、TRADOC ネットワークでの『全面的運用権限(ATO)』をCollabWorxに与えた。」 世界的な大手コンサルティング会社フロスト&サリバンがCollabWorx をニッチカンパニーオブザイヤーに選出 CollabWorx SRTC suite 3.0に発行した。また同日にNETCOMとアメリカ陸軍訓練教義コマンド(TRADOC)は、TRADOC ネットワークでの『全面的運用権限(ATO)』をCollabWorxに与えた。」 「陸軍の隊員はインターネットでCollabWorxソリューションをクリックすれば米国陸軍訓練支援センターの全関係者と連絡をとることができる。そして全ての関連するセキュリティがNETCOMの厳しい基準を満たすことが保証されている上で、それができるのだ。」 シラキュースのテクノロジー会社がFBIとの契約獲得 「シラキュースに拠点を置く会社がFBIとのパイロット契約を数年前に獲得し、そして今、その契約は長期的契約に延長された。(中略)それで、CollabWorxはFBIに何をするのか?ビデオ、衛星写真、文書のようなデータを大きな容量を使わずに効率的に共有することを可能にし、そのデータを複雑なセキュリティで保護する。」

大手コンサルのフロスト&サリバン、 CollabWorxを表彰

Awards 世界的な大手コンサルティング会社フロスト&サリバンがCollabWorxをニッチカンパニー・オブ・ザ・イヤーに選出 セキュアコラボレーションとIP会議(CoIP)ソフトウェア/サービスのリーディングプロバイダのCollabWorxは、世界的な大手コンサルティング会社であるフロスト&サリバンがCollabWorxを2006年ニッチカンパニーオブザイヤーに選出したと発表した。この賞はアナリストによる航空防衛分野での集中的な実践の中で贈呈され、CollabWorxがセキュアコラボレーション、メッセージング、会議ツール製品の主要なプロバイダであると認められたことを同社の歴史に刻む象徴的な出来事になった。 フロスト&サリバンによるこの賞は、アメリカ陸軍TRADOC (アメリカ陸軍訓練教義コマンド)がアメリカ国防総省語学(DLIFLTC)向けに、セキュアで高性能かつマルチプラットフォームのコラボレーション、コミュニケーション、遠隔教育のためのソリューションの開発・実装をCollabWorxに委託した後に与えられた。DLIFLTCは世界で最大の語学学校であり、兵士、軍人、国防省の民間人に世界中の言語や方言の訓練を行なっている。 http://www.collabworx.com/n/PDFs/20060912_CWX_FROST_FIN.pdf

CollabWorx、eラーニングの契約を約1億円で獲得

Responses from the Business World CollabWorxが米国海軍の調達を担う MARCORSYSCOMから、最先端e-ラーニングソリューション開発のために約100万ドル(約1億円)の契約獲得 「CollabWorx SRTC 3.0は、米国国防総省の情報セキュリティ証明認定プロセス(DITSCAP)の厳しい審査基準を満たし、米国陸軍ネットワーク上での全面的な運用権限(ATO)を認められた、唯一のウェブベース・リッチメディア(音声/ビデオ)コラボレーションソリューションである。バージニア州フォート・ユースティスにある米国陸軍訓練支援センター(ATSC)は、アメリカ陸軍訓練教義コマンド(TRADOC)への申請を管理している。同社は、NASA、米国陸軍、大学といったエンドユーザーを獲得し、コンピューターアソシエイツ、スプリント、政府サービスおよびITサポートを行うSAIC、オメガトレーニング、エンジニアリングコンサルティング会社GIST、H-P、C2TI、軍需製品メーカーのレイセオン、PEC、光通信サービスプロバイダであるメトロネット社などが顧客になっている。 」 https://www.prweb.com/releases/2006/04/prweb370429.htm

学術研究におけるCollabWorxの評価

軍隊および政府での危機対応に使うチームコラボレーションツールの評価 「CollabWorxは、CollabWorxプラットフォームを使ってコラボレーティブソリューションを提供する独自のアプローチを行った。コラボレーションとコミュニケーションのためのソリューションをこのプラットフォームに構築することは、パッケージ化された『インストールするだけで使える』ソリューションの実装、またはオーダーメイドソリューションの実装、従来のこの2つの方法のどちらよりも上回る利点がある。このツールはバージニア州フォート・ユースティスにある米国陸軍訓練支援センターで使用されている。2005年9月、米国陸軍DITSCAP ATOによる認証がCollabWorxのウェブベースのオーディオ/ビデオ会議ツールに与えられた。」 「CollabWorxは、CollabWorxプラットフォームを使ってコラボレーティブソリューションを提供する独自のアプローチを行った。コラボレーションとコミュニケーションのためのソリューションをこのプラットフォームに構築することは、パッケージ化された『インストールするだけで使える』ソリューションの実装、またはオーダーメイドソリューションの実装、従来のこの2つの方法のどちらも上回る利益がある。このツールはバージニア州フォート・ユースティスにある米国陸軍訓練支援センターで使用されている。2005年9月、米国陸軍DITSCAP ATO認証がCollabWorxウェブベース音声/ビデオ会議ツールに与えられた。」 https://www.researchgate.net/publication/235060955_A_Review_of_Team_Collaboration_Tools_for_Crisis_Response_in_the_Military_and_Government

CollabWorx、米国陸軍の認証である
“Certificate of Networthiness”を取得

「米国陸軍NETCOM(米国陸軍ネットワーク・エンタープライズ・テクノロジー・コマンド)は、「Certificate of Networthiness」証明をCollabWorx セキュア・インスタント・メッセンジャー(SIM)とCollabWorx SRTC suite 3.0に対し発行し、全面的運用権限の証明と認定を与えた。CollabWorxは、運用のシステム高セキュリティモードでミッション保証カテゴリーIIIの機微であるが非分類情報を処理し保存するためのセキュリティ要件を満たしている。」 https://www.prweb.com/releases/2005/09/prweb282280.htm

イラク在留米兵と家族をつないだ技術

CollabWorx社開発のツール、イラク在留米兵と家族をつなぐ 「CollabWorxセキュアリアルタイムコラボレーションツール製品は、ひたむきな科学者たちの8年にわたる先駆的な調査、開発、継続的な向上の成果である。CollabWorxのテクノロジーは、調査と開発から次世代コマンド&コントロール(C&C)技術に発展した。初期のテクノロジー開発は、90年代後半、ニューヨーク州シラキュース市にあるスーパーコンピューティング調査施設Northeast Parallel Architectures Center (NPAC)で、DARPA と DODを通して資金提供を受けて行われた。1995年にCollabWorxチームは、ネットワーク中心のコマンド&コントロール(C&C)技術のコンセプトを開発した。アメリカ空軍は、1996年にCollabWorxの創設メンバーが開発したソリューションを配備した。このチームはさらに、セキュア、マルチポイント、ウェブベース、人対人で初めての類に入ると思われるプラットフォーム(メッセージング、コミュニケーション、コラボレーション、知識をやりとりする)を開発した。CollabWorxチームは、軍隊が使用できるレベルのリアルタイムコラボレーションツールを、アメリカ空軍、アメリカ陸軍ミリタリーインテリジェンス、通信部隊、イギリス国民保健サービス、NTTデータ、NASA、アメリカ国立科学財団、コンピュータ・アソシエイツ、アメリカ陸軍機甲学校、数々のトップレベルの大学とフォーチュン2000の企業などの顧客のために設計し開発した。CollabWorx SRTC(セキュアリアルタイムコラボレーション)は、アメリカ国防総省が契約する取り組みを隅々までサポートすることができることで最上級レベルにランキングされるアメリカ国防情報システム局(DISA)の国防コラボレーションツールスイート(DCTS)として認定された。」 http://www.freedomcalls.org/pdf/collaboration%20tools%20tech.pdf 米国陸軍DITSCAP ATO認証取得 Acquisition of ATO status on US Army Networks

セキュリティ事故とハッキング事例 2014~2019年

セキュリティは現在大きな課題であり、企業が事業を大きく展開することを計画しているなら、セキュリティ対策へのインフラ投資が前提になっている。このレポートでは、クレジットカードや仮想通貨に対して行われた有名なハッキング事例や不正アクセスをまとめ、これらの事例について各企業がどのような対策を実施したかをお伝えする。

モバイル電子決済 QRコードを悪用した不正事例と対策

現金を持ち歩かなくても支払いができる利便性の反面、不正や詐欺の危険性もある電子決済。ユーザーは電子決済についてどのような意識を持っているか、電子決済でも昨今利用の多いモバイル決済において、QRコードを悪用した不正事例と、企業が行った対策について記す。

ソーシャルメディア & メッセンジャーアプリセキュリティの現状とニーズ

ソーシャルメディアは簡単に情報発信やコミュニケーションが図れる便利なツールですが、ここで登録、公開した個人情報が悪用されるおそれもあります。様々なメッセージングアプリのセキュリティ対策の実施状況と、実際に起こっている被害事例を紹介します。 おすすめのセキュリティサービス ・ネットワークセキュリティ ・クラウドセキュリティ ・セキュリティ診断 ・セキュアメッセージングアプリ

IT用語辞典: デジタル時代の業務に備えるための基礎知識

ITの知識を深めるなら、最新のキーワードを解説しているIT用語辞典で。ビジネスの情報収集に、ぜひご活用ください。 今話題の用語 ・エンドツーエンド(E2E) 通信・ネットワークの分野で、通信を行う二者、あるいは、二者間を結ぶ経路全体を意味する。 ・セキュアなメッセージ 暗号化されたメッセージを送受信する方法の1つで、暗号鍵が含まれるデジタル証明書を交換するのが通常のやり方。