ITIセキュリティ
コンサルティング
サービス/
セキュリティ分析

ハッカーの標的になる前にサイバー犯罪の被害を防ぐには、できるだけ早い段階で脆弱性を発見して改善し、効果的かつ効率的な脅威・脆弱性マネジメントを行うことが重要です。

セキュリティアセスメント、シミュレーションなどのリスク対策をしっかり行うことで、事前に被害を防ぎ、ビジネスや組織を守ることができます。


ITIは、クライアントの既存コンピューターシステムとプロセスを検査し、より安全、効率的、効果的に運営できる情報システムをデザインします。ビジネスと情報技術の両面からニーズと限界点を明らかにすることで、課題解決に導きます。


リスク分析・アセスメント

インターネットに接続するシステム内に保存された組織の情報、物理的なインフラストラクチャや管理プロセス、運用における優先順位に関して使われている技術的要素や情報などは、サイバー攻撃に悪用される危険性があります。組織の情報を安全に守るには、まずどの情報が危険にさらされているか特定しなければなりません。ITIの専門スタッフは、システムを完全解析することで、どの情報が危険にさらされているか明らかにします。


ソーシャル・エンジニアリング フィッシング詐欺

あらゆる視点からリスク分析を行うことは、現状のセキュリティを深く考察するために欠かせません。分析することで重要な点と優先順位が明確になり、どんなセキュリティ対策を実施すべきかを適切に判断することができるようになります。リスク分析の目的は、情報セキュリティを改善するための方法を提案することです。そのために、守るべきもの、脅威、起こりえる攻撃とその被害を明らかにし、最小限の被害に食い止めるためにすべき対策を、お客様の立場に立って、弊社の専門スタッフがご提案します。


情報セキュリティ管理システム(ISMS)

ISMSは機密性、統合性、アクセス性の高いシステムです。法律や規制に求められる要件を満たし、情報セキュリティのアップデートに対応します。特に、ISO 27001認証の基準も満たしているため、ISOに準拠する法人向けにも推奨します。


侵入検知

ITシステムは様々なサイバー攻撃から狙われています。安全なコンフィギュレーション、慎重なハードニング、最新のセキュリティパッチで定期的なアップデートを行っていても、攻撃ポイントを完全になくすことが難しいと言われています。それは、システムのどこかに脆弱性が潜んでいたり不完全にインストールされたセキュリティツールが存在するからです。構成上の設定ミスがあったり、受けた攻撃が失敗した場合、別の害を及ぼすこともあります。侵入検知システムは、セキュリティに関連することが起きた時に、すぐにアラートを出し、悪意のあるネットワークトラフィックを防ぎます。


ハードニング

情報技術システムは、基礎となるオペレーティングシステムが確実に完全にインストールされていなければいけません。ITIには、多種多様なオペレーティングシステム、ハードウェア、アプリケーション、ネットワークにセキュリティコンポーネントを装備してきた長年の経験があります。ビジネスをさらに安全に運営するためにソリューションを単体で導入したい場合も、ITIにお任せください。


仮想化

ITIは、業界標準よりも優れた仮想化技術を提供しています。これにより、サーバーリソースを強化すると同時に、セキュリティを改善することができ、メンテナンスにかかる時間も減らすことができます。仮想マシンは特定のホストシステムに限定されないため、仮想環境を開発することで、簡単にリソースが供給できるようになります。


モニタリング

モニタリングが包括的にデザインされていると、ビジネスを安定して信頼性を保ちながら運営するために必要なパフォーマンスデータを得ることができます。ユーザーが気づく前に欠陥を見つけることができます。Eメールやテキストメッセージ、携帯で通知を受け取って、ビジネスに影響を及ぼす前に対処しましょう。


継続性管理

ITサービスの継続性管理では、戦略的な予防策を立てることが肝要です。ITIは、ITサービス管理プロセス内での情報の流れを確立し、安全で計画的なテクニカルサポートのプロセスを提供します。


プロジェクトモニタリング

概念と実施の二つのレベルでセキュリティ対策を行います。ノウハウ伝達のためのトレーニングを行うことは、ITIの一つの強みです 。


プロセスレビュー/セカンドオピニオン

プロセスレビューを通して、弊社の専門家は問題点や不備を洗い出して弱点とセキュリティリスクを特定し、実際に問題が起きることを防ぎます。そして事前に対策を行うことで、攻撃を受ける可能性を下げることができます。